常に変化する「ありがとう」

大山 紘生 

2008年入社 丸亀店 マネージャー


本日は常に謙虚な丸亀店のマネージャー大山紘生さんにお話を伺ってきました。


──今年で入社10年目の大山紘生さん、9年間ハヤシで働いてみてどうですか?

入社当時は、社会人になると仕事をしていくっていうスタンスでした。車を販売することとか活躍することとか・・・・。自分の成績を考えてばかりでした。

でも、9年間働くと以前の考えとは変わりました。後輩の成長やお店の数字を考えられるようになってきました。徐々にやりがいや楽しみの目線が変わってきて、仕事って楽しいなと心から思えます。


──やりがいの目線って奥が深いですね。

本当にそう思います。「ありがとう」の言葉もそうですよ。

お客さまからの「ありがとう」はとても大切なことです。ただ「ありがとう」も奥が深いんです。

後輩であったり上司からの「ありがとう」って一緒に働いているからこそ、理解し合える重みもあります。

それに、成長した後輩が車を販売して、お客様から「ありがとう」を言われて喜んでる姿を見ると

この仕事をしていて良かったとやりがいを感じられます。

常に変化する「ありがとう」が僕のやりがいです。


──働く上で大切にしていることはありますか?

いろいろあります。嫌なことから逃げないこと、過大評価や過小評価もしないこと。

自分の立ち位置を常に理解すること、周りの人が常に仕事を楽しんでいるか、ここには特に気を配っています。


──今はマネージャーというポジションですが、今後の目標を教えてください。

3年以内に店長代理、最終的に役員になることを目指しています。

ハヤシに人生を掛けています。人生を掛けられる程の仕事が出来る環境に心から感謝しています。



後輩指導をしている大山紘生さん(右)と笑顔でメモを取る新人の徳永さん(左)





トップ営業マン兼メンタルケアリスト、、??


──では、プライベートの大山紘生さんを覗いてみようと思います。ズバリ、自分が思うハヤシの中でNo.1はなんですか?

そうだね、社員のメンタルケアはNo.1かな。

カウンセラーとかではないけど(笑)、よく相談に乗ったりします。


──そうなんですね。でも大山紘生さんに相談したくなる気持ちも分かる気がします。大山紘生さんって苦手なことなさそうですよね。

いやいや、超人見知りです。ハヤシの中でもトップ2に入るくらい(笑)


──トップ営業マンなのに意外ですね。では、逆に得意なことはありますか?

自分で言うのもなんだけど、広い視野を持っていることです。

お店の雰囲気であったり、働いてる人のバランスを考えられることかな。常に周りを見て仕事しているから自然と身についてきたのかも。


──さすがです。そんな視野が広い大山紘生さんですが、今年から採用の仕事も手伝って頂いてます。学生さんと関わって思うことはありますか?

みんな色々と考えて就活しているんだと思いました。人を採用することの難しさも同時に学べました。ただ、最初から業種を決めている学生さんは勿体無いと思います。いろんなことに興味を持てるようになるともっと可能性は広がりますよ。


──そうですよね。私も業種を決めなかったからこそ、納得のいく就職先に出会えました。それでは最後に就活生へのメッセージをお願いします。

仕事って楽しいよ。

仕事を選ぶにあたって、「何をするか」よりも「誰とするか」を考えてみて。

よい仲間と10年、20年充実した仕事ができる環境を探しましょう。ハヤシで一緒に働くのを楽しみにしています。

Foresta! 1/100

くるまのハヤシ(株式会社ハヤシ)のスタッフの、特技・こだわりNo1や日常を紹介します

0コメント

  • 1000 / 1000