1位は通過点

菅原 耕平 

岡山大学法学部卒業 2017年入社 総合職

 

新人の中で最も真面目なイメージが強い菅原さん。

今回は、そんな菅原さんにインタビューです!

 

──ハヤシに興味を持ったきっかけは何でしたか?

僕、実は元々は公務員講座を受けていました。でも、自分には合っていないなと感じて民間企業を探すために合同企業説明会に行ったんです。そこで初めてハヤシと出会いました。

そこで忘れられないのが、太田宏治さん(本社倉敷店 店長代理)に出会ったことですね。その日はいろいろな企業の人と会話をさせてもらったけど、仕事について誰よりも熱く語ってくれたのが太田さんでした。

 

──確かに、太田さんの仕事に向き合う姿勢は熱くてかっこいいですよね。

本当に、すごく憧れています。太田さんがいたから、ハヤシに強く惹かれました。 


──社会人になって間もないけど、心境の変化はありました?

社会人になって3ヶ月経ちますが、社会人と大学生の違いというものを日々感じています。

大学生までは自分のことをするだけで良かったけど、社会人はそうはいかない。人の為になることをしていかないといけない、ってことに気付けました。

 

──シンプルだけど、お互いが仕事をしやすい環境をつくる上で大切なことですよね。

確かにそうですよね。昔から頑固なところがあって、人の教えを素直に聞き入れることができなかったんです。これからもっと成長するためにも、人の話を素直に聞いていきたいですね。

 

──仕事での目標はありますか?

まず、販売台数1位をとることです。

ただ、最終的な仕事の目標は周囲から求められる存在になることです。僕が車を売りたい理由って、周囲の人から「すごいね」って言われたいから。そのために、過程として販売台数1位になることが必要なんです。

先輩方は、年間500台販売するようなそうそうたる面々ばかり。そういった先輩方は数々の成功事例を残して、全国的にも注目されています。僕もそうしたところに続いていきたいという思いもあります。だけど、誰かの真似とかじゃない、「菅原」っていうカテゴリーを作りたいですね。


──1位は通過点に過ぎないわけですね!何にも染まらない自分なりのカラーを大切にしながら、成功して欲しいですね。



岡山市のラーメンなら任せて!


──これだけはハヤシで誰にも負けない、1位のものを教えて下さい!

ラーメンへの愛ですね!

ラーメンが好きで、よく食べ歩いてます。岡山市内のラーメン屋は8割以上食べたに行ったことがあります。



※学生時代はラーメン屋でアルバイトをしていたという菅原さん。ラーメン好きを極めています。


──おすすめのラーメン屋TOP3とかって教えてくれますか?

もちろん!ぜひ足を運んでいただきたいお店を紹介しますんで、メモしてください。(笑)

3位 麺屋楽長

麺、スープ、具材にこだわった岡山ラーメン。

2位 烏城(つけ麺)

ゲンコツ、トリガラなど十数種類の材料を10時間以上かけて煮込んだ至極の一品!

1位 ダントツラーメン

二郎系ラーメンの究極体。


──さすが、詳しいですね。ぜひ私も行ってみようと思います。


──では最後に、就活生にメッセージをお願いします。

周りの意見も大事ですが、働くのは自分なんだということを忘れないで欲しいです。周りの人になんと言われようが、「この会社に入りたいんだ!」と本気で言い切れば、みんな納得してくれると思います。「本気でこの会社に入りたい!」というのが言い切れるようになるには、自分の中で納得する必要があります。そのためには色んなところに足を運んで、色んな方との出会いを大切にして下さい。そして最後は自分でしっかり決めてください。みなさんがここだと思える会社に出会えることを願っています。ありきたりな言葉になってはしまいますが、今を大事にして、頑張ってください!


──すばらしいメッセージありがとうございました。菅原さんもNo.1目指して頑張ってください!

Foresta! 1/100

くるまのハヤシ(株式会社ハヤシ)のスタッフの、特技・こだわりNo1や日常を紹介します

0コメント

  • 1000 / 1000