11年目の新人

宍戸 健太 

倉敷芸術科学大学卒業 2007年入社 総合職


11年目の新人


若い社員が多いハヤシの中で入社11年目でベテランの宍戸さん。今日は、そんな宍戸さんにインタビューしました!


──会社総会での功労賞おめでとうございます!どんな気持ちでしたか?

頑張って良かったな、と思いました。

でも正直、今功労賞もらえるの?って感じでした。(笑)

自分の中で一番しんどかったのはもっと前だし、こんなに頑張っても他の人に功労賞もっていかれるのかって思ってました。だから、今みんなから評価されているようなことを出来ているのか分からなかったし、まさかもらえるとは思ってもいませんでした。

逆に、やっと自分の番が来たか・・・とも思いましたけどね(笑)

※会社総会は、一年間の業績を確認して次の会社の目標を社員全員で共有するための会です。

※功労賞は、一年間最も会社に貢献した人を表彰する栄えある賞です。


──功労賞の裏にそんな気持ちがあったんですね。

──宍戸さんの中で一番しんどかった時はどのような仕事をしていたんですか?

その時は採用の仕事とPC関係の管理と法律関係と総務部の仕事を、営業の仕事と平行してやってました。自分が何をやっているのか本当に分からなくなってました。ただ、その時の大変な経験があるので今では多少の大変なことがあっても対応できるようになりました。


──現在の仕事内容はどのようなものですか?

今は、この4月から新しく始まったレンタカー事業一本で仕事をさせてもらってます。営業の仕事は僕に回さないようにしてもらっているので、ほとんどレンタカー事業だけですね。

ただ、レンタカー事業は新しく始めたことなので準備から車の手配をするのにも何をすればいいかとか何を確認しなければならないのか、本当に全てが手探りでした。同じ会社の人には分からないことを聞くことができないので違う会社の人にアドバイスをもらったこともあります。




(花粉症に悩まされるなか、快く取材に応じてくださいました。)


──新しい事業を展開したり若い社員が増えてきたりとハヤシの体制や雰囲気も昔と変わってきていると思うのですが、どう感じていますか?

勢いは今も昔もある。ただ、昔は一人一人がとてもギラギラしていたと思います。接客行くのにも「俺が!!俺が!!」って感じでした。(笑)今は会社自体に勢いがあってそれに一人一人が乗っかってどこまで伸びるかっていう状態だと思うよ。言い方を変えれば、昔みたいにギラギラしている人は減ったかな。


──ギラギラした人をもっと欲しいと思いますか?

若いうちはギラギラした方がいいと思うよ!ギラギラしすぎて、周りと合わなかったらダメだけどね(笑)一概にギラギラしろとは言えないけど、良い意味でギラギラして欲しいかな。僕も若いうちはギラギラしてました。


──宍戸さんがハヤシに入社した理由はなんですか?

車が好きというか、いじるのが好きでした。ただ、当時四大卒のメカニックの募集がなかったのでメカニックとして働くことは考えてなかったです。選考を受けていく中で、ハヤシの社員の人から「宍戸さんは絶対この会社が合ってるよ。何となくで他の会社に入るくらいなら、俺らと一緒に仕事した方が楽しいし成長できるよ。」って誘ってくれたのがきっかけ。その言葉がスッと自分の中に落ちました。


──求められるほどの人財だったんですね!では、今の宍戸さんの目標を教えてください。

まずはレンタカー事業を成功させて各店舗に広げたい。今は倉敷店にしか事業としてレンタカーがないので、どの店舗でも事業化する。それが新しいことを任された者の使命じゃないかなと思います。四月からの事業スタートなので、僕も新人と同じようなものです(笑)


──入社11年目にして、新人のような気持ちなんですね!



PC関係ならおまかせ!

──これはハヤシの社員でNo.1だ、という事を教えてください。

PC関係だったらだいたいの人には勝てるかな?昔はPCのことに困ったら、県外にいても僕に電話がかかってきてたし。


──PCのことなら宍戸さんに任せろってことですね。

そうだね。任せてもらっても大丈夫なんだけど、今のハヤシの社員数だったら僕だけじゃなくて各店舗に一人以上は僕くらいの能力を持った人がいて欲しい。PCが使えないって時に本当に困るのは僕たち社員じゃなくてお客様だから。予期していないことが起きても現場ですぐに対応できたらそれが良いよね。今のところ候補者は二人ほどいるかな(笑)



──1年目の新人に負けないように11年目もギラギラして頑張ってください!!



Foresta! 1/100

くるまのハヤシ(株式会社ハヤシ)のスタッフの、特技・こだわりNo1や日常を紹介します

0コメント

  • 1000 / 1000